RUDOLF MULLER(ルドルフ・ミューラー)
  • RUDOLF MULLER(ルドルフ・ミューラー)

     

     

    1886年設立の長い歴史を誇る家族経営のワイナリーです。1998年にZimmermann-GraeffはRudolfMüller社と合併し、「Zimmermann-Graeff&Müller」グループ、または略して「ZGM」を設立しました。現在の当主で五代目となり、ドイツ国内では最大のワイン輸出量規模を誇ります。

    1886年設立の長い歴史を誇る家族経営のワイナリーです。

    1998年にZimmermann-GraeffはRudolfMüller社と合併し、

    「Zimmermann-Graeff&Müller」グループ、または略して「ZGM」を設立しました。

    現在の当主で五代目となり、ドイツ国内では最大のワイン輸出量規模を誇ります。

    ブドウの栽培エリアは、ファルツを中心にモーゼルやラインヘッセンなどで、醸造施設を4ヶ所も所有しています。

    各地のワインの個性を重要視したワイン造りを行っています。

    ZGMシリーズは、ドイツの食品小売店ではほとんどどこでも、また他の多くの国の棚でも購入することができます。

    製品の全範囲をカバーする品質哲学のリーダーです。ドイツワイン業界で最も強力な輸出ビジネスの一つとして、

    同社のワインは世界50カ国以上で販売されています。