HACIENDA EL ESPINO(アシエンダ・エル・エスピノ)
  • HACIENDA EL ESPINO(アシエンダ・エル・エスピノ)

     

     

    アシエンダ・エル・エスピノが位置するアルマンサは、ラ・マンチャの南東の端に位置する小さな町です。そのアルマンサ出身のビジネスマンであるパコ・ミラン氏によって1998年に「アシエンダ・エル・エスピノ」は設立されました。

    アシエンダ・エル・エスピノが位置するアルマンサは、ラ・マンチャの南東の端に位置する小さな町です。

    そのアルマンサ出身のビジネスマンであるパコ・ミラン氏によって1998年に「アシエンダ・エル・エスピノ」は設立されました。

    現在は、息子であるギレルモ・ミラン氏がワイナリーを運営し、ブドウ栽培と醸造を担っています。

     

    アシエンダ・エル・エスピノのブドウ畑は平均標高730mという標高の高い場所に位置し、

    畑の土壌は非常に痩せた石灰質と石の多い土壌で、ブドウ栽培に非常に適した土壌となっています。

    その高い標高がもたらす昼夜の寒暖差、石灰質土壌のもたらすミネラル感、

    そして温暖な気候がもたらすブドウの成熟が完璧なハーモニーを生み出します。