DOMAINE GUINAND(ドメーヌ・ギーナン)
  • DOMAINE GUINAND(ドメーヌ・ギーナン)

     

     

    ドメーヌ・ギナーンは南フランスの都市、ニームとモンペリエの間に位置するワイナリーでアラン、クロード、セルジュとピエールGUINANDの”4兄弟”によって1993年に設立されました。

    ドメーヌ・ギナーンは南フランスの都市、ニームとモンペリエの間に位置するワイナリーで

    アラン、クロード、セルジュとピエールGUINANDの”4兄弟”によって1993年に設立されました。

    この場所は1193年にエルサレムの聖ヨハネ騎士団によって開墾された歴史を持っており、

    地中海のテロワールの影響を生かしたワイン造りをおこなっております。

    この特異なテロワールは小石の土壌で構成されているのが特徴で、海風の影響もブドウの良い成熟の為に効果的に働いています。


    その結果として、パワフルな”南フランスの赤ワイン”を生み出しています。