BODEGAS CELAYA(ボデガス・セラジャ)
  • BODEGAS CELAYA(ボデガス・セラジャ)

     

     

    ラ・マンチャのアルバセーテに位置する、1927年設立の家族経営のワイナリー。現当主のルイス・セラジャ・エスクリバーノ氏で三代目となります。

    ラ・マンチャのアルバセーテに位置する、1927年設立の家族経営のワイナリー。

    現当主のルイス・セラジャ・エスクリバーノ氏で三代目となります。

     

    2000年には、La Rodaという村に新たに醸造施設を建設し、醸造技術面では最新鋭の設備を備えています。

    またこの地は、マドリッドとアリカンテ間に位置し、スペイン国内でも農業の歴史は古く、ローマ時代まで遡ることができます。

    伝統的にブドウ栽培に適した土地であり、質の高いブドウを栽培することが可能です。

     

    ワイナリーは代々、地元消費用にワインを醸造・販売していたので、

    地元では最も歴史の古いワイナリーの一つとして知られています。

    ワイン造りの上で、最も重要としていることは、「原料ブドウの選別」です。

    畑の中で健全に育ったブドウのみを原料にしているので、出来上がったどのワインにも一貫した品質が保たれています。

    生産されるワインはD.O.ビノ デ ラ ティエラ カスティーリャが多く、手ごろで優良なテーブルワインを多数生産しています。

    飲酒は20歳になってから

    20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁止されています。

    ​妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に

    悪影響を与える恐れがあります。

    • Facebook ホワイトアイコン
    • Instagram ホワイトアイコン