FAMILIA BASTIDA(ファミリア・バスティーダ)
  • FAMILIA BASTIDA(ファミリア・バスティーダ)

     

     

    バスティーダ・ファミリーは1870年以来、スペインの主要なワインの土地に独自のワイナリーを作り、熱い情熱を持ってワイン造りをしています。

    バスティーダ・ファミリーは1870年以来、スペインの主要なワインの土地に独自のワイナリーを作り、

    熱い情熱を持ってワイン造りをしています。

     

    リオハ、リベラデルドゥエロ、フミーリャなど6つの生産地域にワイナリーを持っており、

    ヴェレタはその中でももっとも面積の広い、ラマンチャの土地で造られたワインです。

    1950年代、バスティーダ・ファミリーのアントニオ・バスティーダがこのラマンチャの地でワイン醸造を始めました。

    少量づつで様々なキュベ造りに挑戦し続けるワイナリーです。