top of page
CHATEAU DE BACCHUS(シャトー・ド・バックス)
  • CHATEAU DE BACCHUS(シャトー・ド・バックス)

     

     

    シャトー・ド・バックスは、ユネスコの生物圏保護地域に指定されているヴァントゥー山とモンミライユ山脈の麓の高原に広範囲に渡ってブドウ畑が広がっています。このワイン畑では、1615年以来何世代にもわたってワインへの情熱と愛情が受け継がれてきました。

    シャトー・ド・バックスは、17世紀にはヴナスクとサンディディエの共同領主である

    ラ・モット家とモデナ侯爵であるモルモワロン家が共同で所有していた歴史を持ち、現在は歴史的建造物に指定されています。

    ユネスコの生物圏保護地域に指定されているヴァントゥー山とモンミライユ山脈の麓の高原に広範囲に渡って

    ブドウ畑が広がっています。

     

     

    この土地は、ワインへの愛情が何世代にもわたって受け継がれてきた歴史があります。

    石混じりの石灰質で水はけの良い土壌に、「ヴァントゥー」の原産地呼称(AOP)を特徴づける

    様々な地域のブドウ品種が植えられています。

    グルナッシュ、シラー、クレレット、ルーサンヌ、サンソー、カリニャンが、

    5ヘクタール以上の石や砂を含んだ石灰岩の土壌の畑に植えられております。

     

     

    豊富な日照量、夜間の涼しさなどの自然の恩恵を受けながら栽培されており、

    このワイナリーでは、2009年から有機栽培によるワインの生産が行われています。

    bottom of page