CHANTOVENT(シャントヴァン)
  • CHANTOVENT(シャントヴァン)

     

     

    16世紀、ラングドックの南方、ミネルヴォワ地方の僧侶であるジャンアリベールが、この地域のブドウ畑の開発を支援しました。

    16世紀、ラングドックの南方、ミネルヴォワ地方の僧侶であるジャンアリベールが、この地域のブドウ畑の開発を支援しました。

    ミネルヴォワ地方では今日でも彼の多くの痕跡を見ることができ、

    アリベールのいたいくつかの修道院が地方料理を専門とする有名なレストランになっています。

    シャントヴァンは、このAOCミネルヴォアとそれに基づくヴァラエタルワインを、

    「テロワール」を意識して造る、ラングドック、ミネルヴォア地区ワインのスペシャリストです。