ADEGAS PAZO DAS TAPIAS(アデガス・パソ・ダス・タピアス)

ADEGAS PAZO DAS TAPIAS(アデガス・パソ・ダス・タピアス)

 

 

アデガス・パソ・ダス・タピアスはガルシア地方、モンテレイにて設立。ふとしたことから現オーナー・マヌエル氏の目に留まり、2006年から新オーナーとなりました。ワイナリーは、最も古いヴィンヤードを所有しており、最高品質のブドウを生産しています。

アデガス・パソ・ダス・タピアスはガルシア地方、モンテレイにて設立。

 

ふとしたことから現オーナー・マヌエル氏の目に留まり、2006年から新オーナーとなりました。

マヌエル氏が運転する車がガス欠になった際、最寄のガソリンスタンドで偶然旧友と再会しました。

その旧友からもらった1本のワインに感銘を受け、生産者探しが始まりました。

やっとの思いで生産者を探し出した後、自身の家族が長年ワイン造りに関わっていることもあり、

このワイナリーの品質の高さに魅了され、オーナーになる事を決めました。

このエリアは、中世期からブドウ栽培が盛んで名声を保っています。ここ30年間の新たな植樹等の投資により格段に品質が向上した結果、

モンテレイ産ワインは国際マーケットで急激に需要が高まりました。その中でも当ワイナリーは、

最も古いヴィンヤードを所有しており、最高品質のブドウを生産しています。